Apollo Manroku

2010年以前に書いた記事の過去ログ

表計算ソフトでできること 2006年8月10日

Filed under: Computer — アポロ @ 06:44

表計算ソフトを使って何をするか。

まず、何ができるかですが、その名の通り、表を使って計算するのが本来の目的かと思われます。計算には足し算・引き算などのごく普通の四則演算はもちろん使えますが、サイン・コサイン・タンジェントなどといったような様々な関数も使うことができます。さらに、出来上がった表からグラフを作成すれば、いかにも表計算ソフトらしい使い方になります。

単純に計算機として使うこともできますが、ちょっとした計算のためにわざわざ表計算ソフトを起動させるのはあまりにも負担が大きすぎますね。Windows にはシンプルな電卓ソフトが標準でインストールされているので、それで十分です。

無理に数字を使って計算することばかりを考えなくても、文字を入力して活用することもできます。入力した文字データをあいうえお順に並べ替えたりするのは、やはりこのソフトの得意技のひとつでしょう。

罫線を利用して原稿用紙や方眼紙を作ることもできます。また、履歴書のような複雑なフォームを作ることもできるでしょう。もっとも、これらは既に豊富なテンプレートが配布されたりしています。自分で作るとしても、1度作ってしまえばもうやることはなくなってしまいます。練習のためにいくつか作ってみてもいいですが、日常的な利用方法ということにはなりませんね。

写真を貼り付けたり、図形描画機能でお絵かきしたりといったこともできますが、それだけではあまり表計算ソフトらしい使い方とは思えません。表で何かを作りながら、その中で写真や図形描画を活用するのがいいと思います。あるいは、表のマス目を利用するなら、将棋やオセロのようなゲームを作ってみるのも面白そうです。マス目を利用して 3D ダンジョン RPG のマッピングをするという人もいるようです。

ゲームを作るならマクロを使う必要があるかもしれません。Excel などではマクロを使ったゲームがたくさん作られているようです。マクロを覚えてプログラミングを楽しむのもよさそうですが、そこまでいくと、今回の本来の目的とはかなり違う方向に走ってしまいそうです。

よく、Excel ではマクロを使わなければ、その機能の半分も使いこなせないなどといわれますが、かといって、最初からマクロを使うことを考える必要もないでしょう。今回は、マクロを使わずに、あくまで表計算ソフトの基本的な機能だけでできることを試していきたいと思います。

いろいろ考えてみたのですが、はじめから複雑な表を作ってみるよりは、まずは、項目が 1 つの簡単な表を作ってみようと思いました。それも、できれば毎日続けられるようなものがいいでしょう。部屋にある温度計で気温を測って毎日記録してみるとか、ホームページやブログのアクセスカウンターの数字を記録してみるとか、毎日 1 枚タロットカードをめくって記録してみるというのもよさそうです。しかし、タロットカードではランダムな数字が出るだけで、グラフにしてもあまり意味はなさそうですね。

そんなことを考えていてふと思いつきました。その日の気温やらカードやら、たくさんの項目をまとめて 1 つのページにして記録しておくものがあります。つまり、日誌です。表計算ソフトで日誌をつけるというのはなかなかいいアイディアですね。

私も昔はワープロで日誌を書いて、それを印刷したものをノートに貼り付けたりして管理していました。ただ、ワープロの場合、それ自体で毎日の記録を継続して管理してゆくにはどうも使いにくいのです。ワープロは、1 つの文章を美しく印刷することはできても、大量のデータを管理するには向かないということです。データを管理するということなら、これぞまさしく表計算ソフトの仕事。日誌を書くなら表計算ソフトを使うのがベストの手段だと思われます。数値データだけでなく、その日の出来事をブログのように書いておくこともできるし、写真を貼り付けて絵日記のようにもできます。もちろん、記録した数値データを基にグラフを作成することも可能です。

Excel Calc の機能で、もうひとつ重要なポイントはファイルにパスワードを設定して内容を保護(暗号化)することができるということです。他人に見られたくないような秘密の日記を書くような場合には、このパスワード機能はとても役に立ちます。(もっとも、パスワードによる保護はそれほどセキュリティレベルが高いというわけではないので、過信は禁物です。)

日誌こそ、何でもできる表計算ソフトの本領が発揮できる使い方なのかもしれません。

とはいえ、いきなり完成された日誌を作ろうと思うのは無理があるので、それは最終目標ということにしておいて、まずは小さなことからコツコツと、項目が 1 つの表からはじめてみたいと思います。

Excelの図形描画機能も極めればすごいことになります。下記のサイトを見て、私もチャレンジしてみたくなってしまいました。でも、OpenOffice.orgには独立した図形描画ソフトがあるので、Calcでそこまでこだわる必要はなさそうですけどね。

広告
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中