Apollo Manroku

2010年以前に書いた記事の過去ログ

タロットカードを描きたい 2007年6月16日

Filed under: Computer — アポロ @ 09:12

タロット占い師を職業とし、毎日タロットカードを眺めてはいるのですが、かといって絵画を鑑賞する趣味もないし、自分で絵を描くこともありません。美術的センスはほとんどゼロです。

絵を描ける人がうらやましいですね。私はペンを持っても直線や円ですらまともに描けません。実は文字すら書けないので、ワープロがないと生きていけません。キーボードとマウスが頼みの綱です。

それでも、毎日タロットカードを見ていると、自分でも描いてみたいと思うことはあります。

ところで、私が現在使用しているワープロソフトは OpenOffice.org Writer なのですが、この OpenOffice.org というオフィススイートには Draw という図形描画ソフトも含まれています。ベクタグラフィックスといって、直線や曲線などを機械的に描画することで図形を作成するソフトです。Microsoft Word などには「オートシェイプ」とかいう名前で、ワープロソフトの機能のひとつとして組み込まれているものですが、OpenOffice.org では、それをわざわざ独立したソフトとして取り入れています。

それで、この Draw というソフトをうまく活用できないかと思っていたところ、興味深いサイトをいくつか見つけました。Draw ではないのですが、Word Excel の図形描画機能(オートシェイプ)を使って、美術的な絵画を描こうという試みをしているサイトがあるのです。

もはや芸術といってもいいほどの美しい絵画をベクタグラフィックスのみで描いているのです。驚きですね。しかも、Word Excel は、もともとお絵かきのためのソフトではありません。付属している機能の一部でこれほどまでに美しい絵が描けるのです。ならば、その機能に特化したソフトである Draw で描けぬはずがありません。

Draw などで描くベクタグラフィックスは、いわば切り絵のようなもので、しかも、そのひとつひとつのパーツは機械的に描くものなので、絵心のない人でもキーボードとマウスだけで簡単に美しい図形を描くことができます。Draw はまさに、私のようなペンを持って絵を描けない人のためにあるようなソフトなのです。

Draw を使えば、私にもタロットカードを描けるかもしれない!

というわけで、こんな私にも希望の光が見えてきました。いきなりタロットカードを描き始めるのは無理があるので、はじめは棒やカップなど、シンボル的な図形を描きながら、Draw の使い方に慣れていこうかと思っています。

描いた作品は「アポラボ」で公開する予定です。

何年先になるかはわかりませんが、死ぬまでには自分の手で 1 セットのタロットデッキが描けたら……というのが、今の私の夢です。

広告
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中