Apollo Manroku

2010年以前に書いた記事の過去ログ

蜂に刺されない男 2007年6月19日

Filed under: #漫録 — アポロ @ 11:20

このところ虫たちの活動も盛んです。ゲジゲジがコソコソと部屋の中を走り回っていたりしますが、彼らは益虫なので野放しです。そのおかげなのかどうなのか、私の部屋の中でゴキブリ(ゲジゲジの餌)を見ることはありません。

ゲジゲジとは共生しているようなものですが、どこから入り込んだのか、ときどきが部屋の中を飛んでいることがあります。彼らは毒針という武器を持っているので要注意です。私も蜂はあまり好きではないのですが、よくよく考えてみると、こんな山奥に住んでいながら、蜂に刺された経験というのはほとんどない……というか、記憶にありません。友達がさされて泣いているのを見たことがある程度で、蜂に刺されれば痛いということはよくわかっているのですが、なぜか自分自身にその体験がないのです。臆病なので、蜂などの危ないものからは逃げまくっていたせいだとは思いますが。

蜂とて、好んで人を刺すわけではありません。その毒針は外敵から仲間や巣を守るための武器であって、刺すことで自分の命を落とすこともあります。彼らにもそれなりの知能(本能?)はあるわけで、こちらから危害を加えなければ、めったなことでは刺さないのではないでしょうか?

そう思ってしばらくはそのまま様子を見ているのですが、蜂が飛び回るような部屋では安心して生活もできないし、彼らとしても、こんな部屋の中で天命をまっとうせずに死んでゆくのは本望ではないでしょう。彼らが止まっているところをティッシュやタオルを使って捕まえると、外の世界へ逃がしてやります。

叩いたり殺虫剤を使ったりして殺してしまうこともできるのですが、そういうことをしようとしない自分は偽善者なのか?と自分でも思ったりもします。自分がそんなにこころやさしい人間ではないことくらいわかっています。ただ、命を粗末にするようなことをすると、いずれはその報いを自分自身が受けるような気がして怖いのです。

私はただの臆病者ですから。

 

© 2007 アポロのタロット占い

 

広告
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中