Apollo Manroku

2010年以前に書いた記事の過去ログ

半角英数字のハンドルネーム 2008年2月9日

Filed under: Internet — アポロ @ 23:12

横書きが当たり前の携帯電話でも縦書きにする方法はいくつかあるみたいですね。縦書きの需要はそこそこあるみたいですが、携帯電話でも縦書きにしたいと思う人はこれから増えてくるのでしょうか。それとも、今は横書きになじめない古いタイプの人たちが必要としているだけで、そういう人たちが絶滅してしまえば、いずれは縦書きの需要もなくなってしまうのでしょうか。

先日は「インターネットは匿名の世界だ」みたいなことを少し書きましたが、そうは言っても、この世界では昔から「ハンドルネーム」などというものが使われていました。ペンネームみたいなものですね。そのハンドルネームについて十年ほど前にインターネットを始めたころからずっと感じていたことなのですが、なぜかみな自分の名前に半角の英数字を使うんですよね。しかも、最初の一文字を大文字にすることもなく、全て小文字で書いています。例えば、〝apollo〟みたいな感じです。〝Apollo〟でも〝Apollo〟でもないのです。

おそらく、その昔まだパソコン通信などで日本語を扱うことができなかった時代の名残だと思うのですが、私がインターネットを始めたころには既に日本語を使うことにはほとんど問題はなくなっていました。なのになぜみな半角英数字のハンドルネームを使うのかとずっと疑問に思っていました。いまだに半角英数字のハンドルネームを使う人は多いですね。

なぜ突然こんな話をしたのかというと、昨夜、縦書きのチャットルームでチャットをしていたときのことなのですが、半角英数字のハンドルネームの人が入室してきて、あることに気づいたのです。先ほども〝apollo〟と書いたように、縦書きの文章の中で半角英数字を使うと横に寝てしまうのです。

チャットルームで「アポロ」と表示されていれば、なんとなくその人と向かい合って話をしているような気がしてきますが、〝apollo〟などと横に寝た名前を見ていると、なんだか人と会話をしているような気がしませんよね。言葉の通じない外国人か宇宙人でも目の前にしているような気がしてしまうし、機械が認識するための記号がそこに表記されているだけのような気もしてしまいます。

横書きの時にはこういうことは気づきにくいと思いますが、やっぱり、日本語で会話をするときには半角英数字の機械的なハンドルネームを使うよりは、日本語のハンドルネームを使ったほうが人間らしくて良いと思います。そのほうが人間的な温かみを感じられますよね。

今でも利用するサービスによっては半角英数字しか使えないものもあるので、そういう場合にはしかたがないですが、ハンドルネームに日本語を使えるときにはできるだけ日本語(英数字以外)にした方が良いと思います。

国粋主義だとか何だとか変な勘違いをされてしまいそうですが、そういう極端なことを言っているわけではありません。その名前を見て相手がどう思うかというような、思いやりとか気づかいがあってもいいんじゃないかなと、その程度のお話です。

もしハンドルネームが〝apollo〟なら、せめて全角で、そして、名前であるということを示すために一文字目を大文字にして〝Apollo〟と書くのが縦書きのときのマナーではないでしょうか。これだけでもだいぶ印象が良くなります。できればカタカナに直して「アポロ」とした方がより親切です。縦書きの英数字はどのように書いても読みにくいですからね。

そんなわけで、もしこれから携帯電話でも縦書きが普及するようなことがあれば、半角英数字のハンドルネームでは都合が悪い場合もでてくるかもしれません。日本人なら、日本人らしいハンドルネームを付けるようにした方が良いのではないでしょうか。

 

© 2008 アポロのタロット占い

 

IE 以外のブラウザの場合は こちら で縦書き表示で読めます。

広告
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中