Apollo Manroku

2010年以前に書いた記事の過去ログ

新東京タワーの名称候補 2008年3月20日

Filed under: #漫録 — アポロ @ 23:56

東京タワーの代わりに新東京タワーが建てられることになったそうですね。名前はまだないそうで、昨年秋に募集した名称案から候補が6つほど決まったそうです。名称案は以下の通り。

  • 東京EDOタワー
  • 東京スカイツリー
  • みらいタワー
  • ゆめみやぐら
  • ライジングイーストタワー
  • ライジングタワー

この中から決められるのでしょうか。私にはあまり関係のないことなのですが、ひとつ選ぶとしたらどれがいいか考えてみました。

東京EDOタワー」とやらは縦書きにふさわしくないので即却下。縦に建てるタワー(塔)の名前なのに横文字なんか使いたくないでしょ。

東京スカイツリー」はクリスマスツリーと勘違いしているみたいなのでダメ。

みらいタワー」は「未来タワー」の方がいいかな。ひらがなの名前って、実はけっこう扱いにくいんですよ。日本語の場合、文章の中で助詞なんかと区別が付かなくなるから読みづらくなるんです。インターネットでも検索されにくくなりますしね。選挙やなんかでひらがなの名前を使うのは、「誰にでも間違えずに読んでもらえる」というメリットがあるからであって、それと同じ発想で公共施設に名前を付けるというのはあまり賢いとはいえません。むしろこういう場合の名前は「記号性」が重要なので、漢字を使ったほうが効果的なんです。でも、「未来タワー」にしても、ちょっと変ですね。「東京タワー」から進歩がないので、既に「過去タワー」みたいな感じになってしまいます。類似のもので「現代美術館」とか「近代兵器」みたいなノリで、実際にはいつまでも「未来」のままではいられないものです。

ゆめみやぐら」は意外と気に入りました。つい先ほど「ひらがなはダメ」みたいなことを書いたのに、オールひらがなの名前の方が良いなんて言ったら矛盾してしまいますが、今度は逆に漢字で書くと、「夢見櫓」となってしまいうのでいまいちなのです。「夢見」はともかく「櫓」は読めない人も多いと思うのでひらがなで書くしかありません。「夢見やぐら」と書いてもなんだか古臭く見えてしまうので、結局ひらがなで「ゆめみやぐら」と書くのが一番印象がいいのです。ひらがなで書いて意味がぼやけて言葉の響きだけが残ると、かなりいい感じです。「みらいタワー」と違うのは、「ゆめみやぐら」という言葉そのものがとても美しいことです。

ライジングイーストタワー」と「ライジングタワー」はカタカナ言葉にしてはインパクトが弱すぎますね。「ベイブリッジ」とか、ちょっと呪文めいた響きがあるとかっこいいのですが、「ライジングタワー」とかって、はっきり言ってダサい。ちょっとルー語ルー大柴さんの使う言葉)っぽいところもダメですね。

というわけで、私の中では「ゆめみやぐら」に決定です。もう投票は始まってるのかな。詳細は「Rising East project」のウェブサイトを見てね。

 

 

 

© 2008 アポロのタロット占い

 

 

 

広告
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中