Apollo Manroku

2010年以前に書いた記事の過去ログ

占い師であり続けること 2009年6月3日

Filed under: Humming Apollo — アポロ @ 18:42

占い師はアウトローな職業だ。だからこそ、法や秩序、倫理といった社会的な枠組みを超えて仕事ができる。

弁護士や警察、精神科医や心理カウンセラー、僧侶や牧師、学校の先生といった、社会の表舞台で働く人たちにはできない仕事も、占い師ならできる。

だから、私は占い師であり続けるのだ。

そして、占い師はアウトローであり続けなければならない。社会的に認められ、地位を得てしまったら、もはや占い師にできることは何もなくなってしまう。

占い師はアウトローであるからこそ、存在する価値があるのだ。

「占い師になるために資格は必要ですか?」

そんな野暮な質問はしないでくれ。

© 2009 アポロのタロット占い

広告
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中