Apollo Manroku

2010年以前に書いた記事の過去ログ

ただの占い師ですから 2010年12月31日

Filed under: Spiritual — アポロ @ 15:48

誰かを助けてあげたい、救ってあげたいと思うなら……その人の手を引っ張ろうとか、背中を押してやろうとか、導いてやろうなどと思ってはいけない。

ただひたすらに、真っすぐに向き合ってあげること。あなたがすべきことはただそれだけだ。

特別なスキルや才能などは必要ありません。必要なのは、ただひたすらに向き合うための「勇気」と「覚悟」だけです。

私の占い師としての態度も同じです。私の力で相談者を引っ張ってあげようなんてことは考えません。相談者が自分で這い上がろうとする気持ちをくみ取ってあげるだけです。

それを冷酷だと非難する人もいるでしょう。でも、それでいいんです。私は、カリスマともてはやされたり、教祖とあがめられたりするような人間ではありません。ただの「占い師」ですから。

 

© 2010 アポロのタロット占い

 

広告
 

目の粗いざる 2010年5月31日

Filed under: Spiritual — アポロ @ 09:52

目の粗いざるで米を洗っておりました。

水を入れたボールを置いてざるをゆすっていると、汚れや粕のようなもの、小さく割れた米のかけらなどがざるの目をすり抜けて下に落ちてゆきます。

ボールの中にたまった粕や小さな米のかけらを指で弾いて、残った大き目の米の粒は再びざるに戻します。

この繰り返し……。

やがて、粕や小さなかけらはなくなって、ボールの中に落ちてくるのはざるの目をすり抜けてしまう小さめの米粒だけになります。

小さめの米粒は、何度ざるに戻しても、また落ちてきます。

 

© 2010 アポロのタロット占い

 

 

幸せのつかみ方 2010年2月18日

Filed under: Spiritual — アポロ @ 20:50

いつか誰かが幸せにしてくれる。

そんな夢を見て白馬の王子様を探し求めているだけの人は、いつまで経っても幸せにはなれない。たとえ王子が目の前に現れたとしても、彼はあなたを見捨てて去ってゆくだろう。

あの人を幸せにしてあげたい。

その思いを実際に行動に移せる人であれば、あなたは彼と共に必ず幸せをつかむことが出来るだろう。彼は、決してあなたを見捨てたりはしないからだ。

© 2010 アポロのタロット占い

 

救いたいという思い 2010年1月17日

Filed under: Spiritual — アポロ @ 21:44

人を救いたいなどと発言すると、偉そうなことを言うなとか、おこがましいなどと怒られることもありますが、人を救いたいと思うことの何が悪いというのでしょう。

確かに、神でもない人間が他人を救うなどということは容易いことではないかもしれません。

でも、たとえ救うことができなくとも、誰かのために何かをしてあげたいと思うことはとてもよいことだと思います。

何もできなくてもいい。ただ、救いたいと、そう思うことが大切なのです。その思いこそが「祈り」です。

この世界の根源は、すべての人々の祈りです。あなたの祈りがこの世界を動かしているのです。

おこがましいなどと誰かに非難されることを恐れることはありません。

祈りましょう。

あなたの愛する人々のために。

 

© 2010 アポロのタロット占い

 

 

これでいいのだ 2009年12月16日

Filed under: Spiritual — アポロ @ 20:40

これがいいあれがいいと選べない人生もある。

定められた宿命から逃れられず、与えられた運命を変えることも出来ない者もいる。

たとえそれが重くのしかかるような辛い人生であったとしても……

これでいいのだ

そう思えた瞬間に、彼らは幸福に至る。

© 2009 アポロのタロット占い

 

おはよう! 2009年6月14日

Filed under: Spiritual — アポロ @ 04:53

おはよう!

街角で会えば知らない人でも挨拶を交わすことはあるだろうに、ネットではメールやメッセンジャーや、セカンドライフの IM で親しい友達に挨拶しても無視されることなんて当たり前。やっぱり、ネットの向こうにいるのは「人間」だという認識が薄いせいだろうか。

寂しいなぁ。仕方ないから、ワッサーで「こんにちは」とかつぶやくしかないのかなぁ……。

ネットの人間関係って、顔が見えないから、相手が挨拶すらもできない辛い情況だなんてわからなくて、つい自分の都合だけで話しかけてしまう。でも、それをわかってあげるのが、本当の「思いやり」なんだろうか?

ネットもリアルも同じような感覚で人と付き合おうとしている自分は馬鹿なんだろうか……。

それでも、やっぱり思ったんだ。ネットのみの人間関係だからといって、相手に遠慮して声をかけるのをためらうことはないんだって。ネットのみで、相手の顔が見えないからこそ、何気ないヒトコトの挨拶が大切だと思うんだ。そうやって声を掛け合わない限り、お互いの思っていることや気持ちなんて、絶対に伝わらないのだから。

だから、たとえ返事が来ないとしても、私は「おはよう」って言ってあげるんだ。

 

© 2009 アポロのタロット占い

 

この記事をダウンロード(印刷・閲覧用): ODF 形式 / PDF 形式

 

固くて開かないビンのふた 2009年1月25日

Filed under: Spiritual — アポロ @ 23:59

固くて開かないビンのふた。

男の人が力任せに開けようとしても開かないのに、女の人が開けようとすると簡単に開いてしまったりする。それを見て、「あの女は力が強い」などと勘違いしてしまう人は多いと思います。

確かに力の強い女の人もいますが、もし本当に力が強いだけだったらビンのふたは開けられなかったでしょうね。

ビンのふたが開いたのは、その女の人が男の人よりも力が弱かったからです。

男の人は、もともと固く締まっているビンのふたを、さらに自分の握力で締め付けてしまうので、力を入れれば入れるほど開かなくなります。

女の人は握力が弱いので、ビンのふたを必要以上に締め付けたりはしません。力はふたを締め付けることよりも回すことに使われるので、簡単に開けることができるのです。

実は私もビンのふたを開けるのが得意で、周りの誰もが開けられないようなふたをいとも簡単に開けてしまったりするのです。おかげで、腕力の強いやつだと思われていました。

確かに、腕力も普通の人よりは強かったかもしれませんが、もしその腕力をそのまま使っていたらふたは開かなかったでしょうね。力を抜いた方が開けやすいということを知っていただけのことです。

世の中、必ずしも腕力のあるやつが強いとは限らないということですね。

 

© 2009 アポロのタロット占い

 

この記事をダウンロード: ODF 形式 / PDF 形式